転移させないための予防と対策|乳がんの転移は池袋クリニックや内科の名医に相談

がん治療で最も重要視されているのはコントロール

転移させないための予防と対策

カウンセリング

転移する場所を予めチェックしておく

転移先は、がんの種類によって様々です。肺がんだったら肝臓や脳、乳癌は肝臓や骨、肺に多く転移します。転移する可能性のあるこれらの臓器にできる予防策は、健康保険内での検査です。病巣がなくなったからと言って対策も何もせず放置するのは再発のリスクを上げるだけでしょう。それだけは避けたいですから、転移するかもしれない臓器の検査は毎年行うことが大切です。

外科手術後も入念な予防を

乳癌の腫瘍を完全に取り除けば、再発の危険性は限りなく少なくなるでしょう。ただ、ステージが進み、取り切れなくなったがん細胞は体内に留まったままです。また外科手術だけでは目に見えないがん細胞を完全に取り除くのはほぼ不可能でしょう。術後も抗がん剤治療や免疫療法、遺伝子療法などの治療を行い、転移を防ぐことが重要です。

セカンドピニオンも検討する

がん治療をする今の病院に不満がある場合、また検査をきちんとしてくれない場合は他の病院へセカンドオピニオンをするといいでしょう。乳癌や他の癌治療に力を入れる病院は、転移癌に有効的な治療を患者に合わせて提案してくれますよ。癌に関する知識が多いのも予後をよくするポイントになります。

病院で治療を続ける患者の声

術後3年経過。今のところ問題はない

乳癌が発覚したのは、今から5年前のことです。私の場合は市の無料検診で発覚しました。ステージは3。腫瘍も大きくなっていて外科手術が必要とのことで入院生活が始まりました。乳房の摘出手術は上手くいったのですが、再発の危険があるとして抗がん剤治療を今現在もしています。今のところ再発はないようで安心してます。

よくしてくれて感謝してます

前回通っていた病院は、がん治療に関する詳しい説明がなくて不信感だらけでした。思い切ってがん治療の実績が豊富な病院にセカンドオピニオンをしにいったのですが、医師の考えが私と合ったため通っています。無事手術も終え、再発防止のために免疫慮法を初めていますが、こちらの医師は説明がきちんとしていて安心できます。

広告募集中