様々な病気を扱っている|乳がんの転移は池袋クリニックや内科の名医に相談

内科があればほとんどの病の診察や治療ができる

様々な病気を扱っている

医者

対象疾患を知ろう

風邪特有の熱や咳、頭の痛みは内科を受診し、詳しい検査と内服薬の処方で様子を見ることができます。また、下腹部の痛みや下痢、便秘、嘔吐関連も内科でOKです。気になる症状は内科を受診して解決しましょう。

泌尿器に異常が見られる場合

尿を排出する場所に問題が生じると、排尿が困難になったり痛みが出たりします。また、泌尿器に出る症状が前立腺や肝臓に重大な病が隠れている可能性があるので手遅れになる前に病院を受診しましょう。

生活習慣病における疾患をお持ちの方

城東区の内科にある高血圧や動脈硬化外来、循環器内科では糖尿病を患っている人や高血圧持ちの人、高脂血症などの治療を行う場所になります。生活習慣病になる生活をしている人は、健康な人よりも病気になるリスクが高いので、内科で頻繁に検査をする必要があります。また、これらが今よりも悪化しないための治療と予防二つを同時に行うことも可能です。

長引く咳には呼吸器内科へ

ちょっと歩くだけで息切れを起こしたり、一か月以上続く咳があったりすると重大な病が隠されているサインです。呼吸器内科を受診し、レントゲンや血液検査などで咳の正体を暴くことができます。他にもアトピー性の咳や、喘息、関喘息も呼吸器内科で診てくれます。

タバコを辞めたい方は禁煙外来

長い間の喫煙は、肺がんや胃がん、食道がんといった癌になるリスクがあります。さらには、呼吸器に慢性的な疾患ができる可能性も否めないため、長生きするためにも禁煙外来を受診しましょう。城東区の内科ではまず喫煙の状況を把握し、健康保険内で治療を行っていきます。なお、場合によっては適用されないケースもあります。

訪問診療も行っている

最近になって増えていますが、城東区にある内科も在宅医療のサービスを率先して行っており、体が不自由で病院を受診できない方や健康問題を抱えている人を対象に、医師自らお宅へ訪問して診療を行っています。医師自身も豊富な知識を持っているので安心して任せられます。

いい医師の見分け方を伝授します

ガラガラの病院は要注意

高齢化社会と言われる今、どの病院もお年寄りでごった返しています。大きな病院は特に年齢問わず多くの方が受診するので、診察するまで時間がかかります。そのため、空いている病院を探しがちでしょう。注意したいのは、その病院がなぜ空いているかを考えることです。もしかしたら、過去に重大な医療ミスを犯し、患者が減っているかもしれませんし、医師の対応がよくない場合など様々な理由が考えられます。城東区で内科を探す時は患者の多さや病院の質をしっかり見極める必要があるでしょう。

人件費削減をしている病院

医師不足の今、一人で多くの患者を診る内科も少なくありません。またそのような状況にある医師をスタッフ総出でサポートに回っているかも重要です。逆に経営状況が安定しない病院は、看護師の数も少なくバタバタしている状況です。そのような病院は診断ミスや医療ミスのリスクを多く持っているため、極力避けたいところです。

医師の対応がきちんとしているか

病気を専門とする医師とは言え、人を診るサービスですから不愛想な医師は診察中緊張感が漂っています。城東区で人気がある内科は、スタッフの教育に熱心ですし、医師も患者の不安や悩みに笑顔で対応します。こうしたコミュニケーションが取れる病院は、患者のためになる情報を沢山提示してくれるでしょう。そういうところだと、予約が一杯でも通い続けたいものです。

やたら多い診療科目に注意しよう

大学病院だと、沢山の科目があるのが普通ですが個人開業した小さい病院にいくつもの科目を詰め込んでいると患者を集めるだけの商売としてみられがちです。また、一つひとつの科目に対する知識も乏しいでしょう。何か一つの科目に力を入れている内科は、専門性が高く診察が丁寧である場合がほとんどです。

口コミや近所の人の声を聞いてみる

城東区には非常に沢山の内科があるので、探すのが大変だったり面倒に感じたりするでしょう。そういう時はネットの口コミや近所の人に「あそこの病院どう?」と聞いてみるのもありです。実際に利用したことがある人の口コミは信ぴょう性がとても高く、ダメな部分といい部分の二つの情報を教えてくれる可能性が高いです。

広告募集中