乳がん転移に詳しい城東区の内科医や池袋クリニックで治療

病に打ち勝つための情報

考える人

転移のメカニズム

転移する仕組みを知りたい人はこちらまで。乳癌が転移する詳しいメカニズムがこのページで詳しく紹介されています。治療や予防に役立てられるのでぜひ参考にしましょう。

READ MORE
医者

様々な病気を扱っている

お腹が痛い、風邪かもしれないといった場合に頼れるのが内科です。他にも沢山の病を診療しているので、何かあった時のために把握しておきましょう。

READ MORE
診察室

クリニックでできる治療

がん治療に詳しい池袋クリニックでは、免疫細胞をメインにした様々な治療を行っています。どのような特徴をもっているのか知りたい場合はどうぞクリックしてください。

READ MORE
カウンセリング

転移させないための予防と対策

乳癌で一番怖いのが転移です。この転移を予防するためにはいくつかの方法があります。術後も安心して暮らすためにも目を通しておきましょう。

READ MORE

新しいがん治療とは

聴診器

理想的な治療として根付いている

日本人の多くが癌で命を落とす中、どうにか死亡率を下げることはできないかと様々な治療法が確立されています。中でも転移した乳癌や、他の癌に効く治療法で知名度を上げているのが免疫細胞療法です。免疫細胞を外で繁殖させ、体内にもう一度戻すというやり方で転移がんを抑制したり、癌の進行を止めたりするのを目的としています。

副作用の心配はほとんどない

嘔吐や頭痛、吐き気など辛い副作用があるがん治療。抗がん剤は特に副作用を出しやすい薬ですが、免疫細胞療法の場合、自身の細胞を使って治療をするので辛い副作用はほとんどありません。患者側も体力を温存させながら治療に専念できます。

攻撃力がさらに高くなる

乳癌が転移した場合、あちこちにがん細胞が散らばっているので外科手術は難しいところですが、池袋クリニック看板の治療法である免疫細胞療法なら、全身に回った癌を速攻で見つけ出し、広範囲に渡って攻撃することができるので転移性がんにも有効的に働きます。

組み合わせが重要

免疫細胞療法の効果をさらに引き出すには、他の治療を組み合わせることが重要。例えば、抗がん剤とセットにすることで副作用の軽減に役立てられますし、外科手術の再発と転移を予防する目的で組み合わせることも可能です。また、同じ個所に照射できない放射線の欠点を免疫細胞療法でカバーするなど、様々な部分でサポートします。

進行を防ぐために検査が必要

城東区にある内科には、乳腺科があるケースもあるため乳癌を早期発見するための検査を受けることができます。乳癌の他にも、胃がんや大腸がんなど命に関わる病の検査にも応じてくれます。気になる症状が出ている場合は早めに受診をしましょう。

[PR]

ガンの治療なら池袋クリニックへ!
専門医が親身に対応してくれる!

広告募集中